竹久夢二本舗敷島堂株式会社の敷島の由来
和歌の枕詞
社名の由来は先代がこの和歌の枕詞から引用したものです。
敷島の は 大和 にかかる枕詞で 敷島 は 日本 という意味で、日本の和の心をお菓子に込めて
たくさんの人たちの心をお菓子で満たしたいと言う創業者の想いから「敷島堂」と名づけました。
竹久夢二のお菓子を作り始めた由来
昭和23年2月に創業した敷島堂。小さな町でお菓子屋を営んでいた先代「眞殿冨重」は昭和48年にご縁を頂きました。 邑久町の郷土史を研究しておられた尾上隆志さんを始め、赤枝春夫さんが、「折角邑久町と言う竹久夢二の生家に一番近い場所でお菓子屋を営んでいるのだから、夢二に因んだお菓子を作ってはどうか?」とお話をくださいました。そして、夢二の長男「虹之助さん」と夢二の旧友である有本芳水先生をご紹介くださり、推薦の書を書いてくださいました。
夢二の長男虹之助さんは父の名のついたお菓子ができることは非常に喜ばしいことだと快諾して頂きました。その後、夢二に因んだお菓子が次々と発売され、社名に竹久夢二を冠するようになったのです。
竹久夢二のお菓子を作り始めた由来
竹久夢二のお菓子を作り始めた由来
有本芳水氏 推薦状
山は紫 水美しく 野は緑色濃き邑久の里
明治大正の頃 画家として一世を風靡した
竹久夢二はここに生れた情趣に充ち 気品高く多様さに溢れた夢二の絵に 多くの人はしんぞこひきつけられ 魂をゆさぶられ 喜びに包まれた 郷愁詩人夢二は 郷土の山河 草木に心を馳せ 思ひでの山 思ひ出の川を絵にし詩にもした その絵は その詩は 今も多くの人の心の中に生きている 郷土邑久の里では 夢二がここに生れたことを誇りとし ここにそのあらわれとして銘菓「夢二」をつくり あまねく世におくることになった まことに欣ばしい限りである

旧友 有本 芳水
敷島堂について
竹久夢二生誕の地で郷愁と浪漫に満ちたお菓子づくり
大正ロマンの旗手として歴史に名を残す詩人画家、竹久夢二。

庶民の暮らしを、愛情こめて感性豊かに描き、生誕一世紀を超えた今も、その作品は多くの人々を魅了しています。

さて、岡山県邑久町に和菓子メーカーとして創業した敷島堂は、偉大な町の先人、夢二の想いを受け継ぐ和菓子づくりを志し、その社名に「竹久夢二本舗」の文字を冠します。
いつも、いつまでも地域とともに、そして地域のために。

「郷愁と浪漫」にあふれた夢二の精神を、最高の和菓子に込めてお客様のもとへとお届けします。
竹久夢二のお菓子を作り始めた由来
「念ずれば花ひらく」の石碑
「念ずれば花ひらく」の石碑
坂村眞民先生に書いていただいた「念ずれば花ひらく」の石碑(624番碑)を建立し、その精神を常に学び続けています。
地域になくてはならない地域に誇りに思っていただける敷島堂へ
竹久夢二のお菓子を作り始めた由来 静かなBGM(現在社歌”生命(いのち)”心花さん演奏を流しています)を背景に、豊かで、心和むあたたかな空間・・・。
敷島堂の店舗は、和風&モダンをコンセプトに持つ上質な設計が施され、お客様をしっかりもてなします。
その一角には、お茶を飲みながらおくつろぎいただける休憩スペースもご用意しました。
そして、お客様の商品選びを適切に、誠実に、笑顔でサポートするスタッフたちの存在が、この空間に命を吹き込みます。
敷島堂がめざしているのは、地域の中でなくてはならない存在になること。
さらにいえば、お客様から地域の中に敷島堂があることを誇りに思っていただけるような存在になることです。
「言うは易し、行なうは難し」ですが、お客様への姿勢を正しておくことで、いつの日にか真にそうなりたいと願っています。

さて、現在の敷島堂の事業展開は、自社店舗による販売と百貨店などへの委託販売のふたつの柱で構成されています。
自社店舗の販売は、お客様と直にふれあえる貴重な情報の接点として、一方の委託販売は、県内有名百貨店やキオスクなどを通じて岡山県内外の広いマーケットに商品の流通を図っていくビジネスチャンスの拡大と、各々大きな役割を担っています。
こうしたふたつの事業展開を行う敷島堂ですが、基本姿勢は常に地域密着型経営の実践です。
竹久夢二生誕の地、岡山県瀬戸内市邑久町に創業し、岡山県南部を舞台にお客様の信頼を獲得しつつ、地域に密着したお菓子作りをどこまでも。 地域に生まれ、地域のお客様に育てられてきた敷島堂は、これからもずっと地域のお客様のお役に立てるお菓子作りを続けていきます。
素材にこだわり 味わいにこだわり 一切に妥協のない敷島堂のお菓子
敷島堂ではお菓子の種類に適した餡を、職人が真心込め、炊いております。
和菓子屋の中でも小豆を豆から製餡する技術を持つ和菓子屋が少なく全国でも一割程度となっております。

その中で敷島堂は長年培ってきた技術で厳選した小豆を炊き、更にあらゆる素材選びに対して厳しい目を注ぎ、一切妥協することなく真心込めて日々開発・製造しています。

原材料には-
  • 風味がよいと言われる北海道十勝産小豆
  • 純度の高い白双糖
  • 地元岡山産小麦粉の「ふくほのか」や「ぼっけぇー粉」
  • 地元岡山県寺尾養蜂場の「百花蜂蜜」
  • 団子には、岡山県産の阿新源流米コシヒカリ
  • もち米には、九州産肥沃米(ひよくまい)
と、岡山県内外から集められた最高品質の素材より敷島堂のお菓子は誕生していくのです。また、豊かな自然と温暖な気候に恵まれた岡山は「果物王国」と言われるほど優れた果物産地として知られており、敷島堂では、その季節ごとの恵みを巧みに取り入れた四季折々の和菓子も用意しております。

このようにこだわって、製造した敷島堂のお菓子だからこそ、一家団欒のひとときを創造し、各種の歳時記催事用として、さらには大切な方へのご進物として、季節や行事にご利用いただける商品づくりでお客様のお役に立ちたいと思っております。
安心・安全へのこだわりが認められました
安心・安全へのこだわりが認められました
平成20年7月10日に、安心・安全へのこだわりが認められました。
安心第一、おいしさ第一のお菓子づくりが認められ、岡山保健所 保健所長より食品衛生優良施設として表彰されました。この受賞を励みに今まで以上に、安心して召し上がっていただけるお菓子づくりに努めてまいります。